vsぷよぷよ戦術技術開発研究所

2011年8月6日 早稲田大学にて

参加者

<HOPE>ウァルト、saaa、yao、nog、くわーてぃ、へーょまは、まてりあ
<戦技研>グラスノスチ、ケンロー、pino、微積、マサムネ、みそしる、GYM、tobi、ねるん、ワタリ、anagura、igo、ばぶるがむ、シレスト、飛車ちゅう、凸凹マスター

対戦ルール

結果

HOPE 100 - 83 戦技研

総括・所感

提供:

vs京大ぷよぷよサークルふぁいやー

2011年7月16日 20時30分開始

参加者

<HOPE>akky、わふっ、nog、くりぷにゃー、まてりあ、(´・ω・`)、ウァルト、yao、astea
<京大>shibyuu、しえろ、MRN、ネピア pip、STEP

結果

前半
HOPE 9 - 15 ふぁいやー

後半
HOPE 20 - 10 ふぁいやー

29対25でHOPEの勝利となりました!

対戦表

shibyuu しえろ MRN ネピア pip STEP
(´・ω・`) 5 - 3 0 - 5 5 - 2 2 - 5 2 - 5 0 - 5
くりぷにゃー 5 - 0 5 - 2 2 - 5 5 - 1 2 - 5 5 - 2
ウァルト 2 - 5 4 - 5 2 - 5 1 - 5 5 - 4 4 - 5
yao 5 - 2 4 - 5 5 - 3 1 - 5 4 - 5 3 - 5
 
akky 5 - 1 3 - 5 5 - 1 5 - 3 5 - 1 5 - 4
nog 5 - 2 2 - 5 5 - 0 5 - 2 5 - 3 5 - 1
わふっ 5 - 1 4 - 5 2 - 5 2 - 5 5 - 1 5 - 2
まてりあ 5 - 1 5 - 2 3 - 5 1 - 5 5 - 3 5 - 3
astea 2 - 5 5 - 4 5 - 1 4 - 5 5 - 2 3 - 5

対戦ルール

総括・所感

 HOPEにとっては久し振りのサークル対抗戦、今回の相手は京都大学のぷよサークル ふぁいやー!9人対6人とチームの人数に差があったので、人数の多いHOPE側を前半・後半の半分に分けて総当たり戦を行いました。一斉に総当たり戦をした場合と比べると、HOPE側の拘束時間が短くなること・ふぁいやー側が10連戦にならずに済むことなど幾つかメリットがあり、チーム分割を導入して正解でした。

 前半戦は、HOPE側から最近加入したフレッシュな面々が登場。ここでは、HOPE9勝に対しふぁいやー15勝と、かなりの苦戦を強いられました。4-4になった試合の多くをふぁいやーがモノにしており、この土壇場力は流石と言うほかありません。ただ、全体としてHOPEが負け越してはいますが、全勝者・全敗者が一人もいなかったことからも、互いにつけ入るスキは十分にあったと言えそうです。また、「勝てそうな感じがしたけど負けた」「負けそうだたけど勝った」といったコメントも聞かれ、点差こそあれどそれなりに実力は拮抗していたことがうかがえます。

 後半に入ると、HOPEが怒涛の反撃。出場5人全員が負け越しなし、うち2人は勝ち越し4をもぎ取り、前半の借金を完済、何とか逆転に成功しました。そのような勢いの中にあってふぁいやーのしえろさんが3勝(5戦)と意地を見せた形です。バカ伸ばしに走ろうものなら的確な小連鎖が飛んできて、僕も撃墜されてしまいました。「大連鎖を見せてやるぜwww」のドヤ顔が歯軋りに変わる様子は恥ずかしくて見せられないレベルでした。

 今回の対抗戦はスコアが僅差で、(HOPE側からすると最後に逆転という)かなり面白い展開となりました。新たなぷよぷよ仲間を増やすこともできましたし、これから互いに切磋琢磨してウデを上げていければいいなと思います。忙しい中対抗戦のセッティングに奔走してくれたまてりあさん・shibyuuさん、生放送で場を盛り上げてくれたnogさん、時間の都合を合わせて参加して下さったふぁいやーの皆さん、どうもありがとうございました。また対抗戦を開く機会があればよろしくお願いします。

提供:akky

HOPEvs北海道勢

2010年12月26日

参加者

<HOPE> くわーてぃ、akky、のぐ、わふっ、astea、へーょまは
<北海道> あさひ、こと、BCD、さいころk、ぷよりん、fia(3戦目まで出場)、ようかん(4戦目から出場)

結果

HOPE 25 - 11 北海道

 25対11でHOPEの勝利となりました。

対戦表(HOPE視点)

あさひ こと BCD さいころk ぷよりん fia(ようかん)
くわーてぃ 10 - 2 0 - 10 7 - 10 10 - 9 5 - 10 (2 - 10)
akky 10 - 2 10 - 7 10 - 5 10 - 3 10 - 8 (6 - 10)
のぐ 10 - 4 10 - 8 9 - 10 10 - 5 10 - 4 (3 - 10)
わふっ 10 - 6 10 - 5 10 - 3 10 - 8 10 - 3 10 - 7
astea 10 - 3 8 - 10 5 - 10 10 - 6 10 - 9 10 - 9
へーょまは 10 - 2 7 - 10 3 - 10 10 - 9 10 - 6 10 - 9

対戦表(北海道勢視点)

くわーてぃ akky のぐ わふっ astea へーょまは
あさひ 2 - 10 2 - 10 4 - 10 6 - 10 3 - 10 2 - 10
こと 10 - 0 7 - 10 8 - 10 5 - 10 10 - 8 10 - 7
BCD 10 - 7 5 - 10 10 - 9 3 - 10 10 - 5 10 - 3
さいころk 9 - 10 3 - 10 5 - 10 8 - 10 6 - 10 9 - 10
ぷよりん 10 - 5 8 - 10 4 - 10 3 - 10 9 - 10 6 - 10
fia(ようかん) (10 - 2) (10 - 6) (10 - 3) 7 - 10 9 - 10 9 - 10

対戦ルール

総括

 当日までイベントの詳細が決まっていなかったので開催自体できるのかという不安もありましたが、なんとか6人ずつ集まりました。人数調整にご協力いただいた北海道ぷよらーの皆様、ありがとうございました。

 前回の駒場・本郷対抗戦は待ち時間が多いという声が多かったので、今回は勝ち抜き形式でなく総当たり形式にしました。1人あたり100戦くらいはできるので、これくらいの規模だと総当たりを採用して正解だったと思います。

 試合は25対11とHOPE側に軍配があがりました。スコアだけを見れば大きく差が開いていますが、惜しい試合も多くあり、実力は拮抗していたという印象です。特に2点差以内の試合が10試合あり、そのうちHOPEが8つを取っていることが非常に効いているようです。負けが込むと積みが乱れる場合も多いため、1戦目でHOPEが5勝1敗と勝ち越し精神的に優位に立てたのも大きかったと思います。HOPE側からすれば実力者ようかんさんの出場が途中からで助かった、といったところでしょうか。

 イベントの企画・進行をしてくださったくわーてぃさん・あさひさんをはじめ、参加して下さったHOPE・北海道の皆様、ありがとうございました。今後も積極的に対外戦を行っていきたいと思いますので、機会があればまたよろしくお願いします。

提供:akky

駒場・本郷対抗戦

参加者

くわーてぃ、nog、astea、わかつ、akky、わふっ、まてりあ、いいもの、takine

結果

 50対36で本郷チームの勝利となりました。

駒場 36 - 50 本郷
第22戦 くわーてぃ 0 - 1x わふっ
第21戦 くわーてぃ 3 - 1 まてりあ
第20戦 くわーてぃ 3 - 1 takine
第19戦 わかつ 1 - 3 takine
第18戦 astea 0 - 3 takine
第17戦 astea 3 - 2 akky
第16戦 nog 2 - 3 akky
第15戦 nog 3 - 2 いいもの
第14戦 くわーてぃ 0 - 3 いいもの
第13戦 わかつ 0 - 3 わふっ
第12戦 astea 0 - 3 わふっ
第11戦 nog 0 - 3 わふっ
第10戦 nog 3 - 2 まてりあ
第9戦 nog 3 - 2 takine
第8戦 くわーてぃ 2 - 3 akky
第7戦 わかつ 1 - 3 akky
第6戦 astea 0 - 3 akky
第5戦 astea 3 - 1 いいもの
第4戦 astea 3 - 2 わふっ
第3戦 nog 1 - 3 わふっ
第2戦 nog 3 - 0 まてりあ
第1戦 くわーてぃ 2 - 3 まてりあ

対戦ルール

総括

 オンライン定例会の復興を受けて実現した今回の対抗戦。前日までのエントリーが駒場3人・本郷3人と、「この規模で対抗戦と呼んでいいものか」という不安もありましたが、駆け込み参加もあって当日には9人になりました。

 試合開始直後のくわーてぃ選手(駒場)とまてりあ選手(本郷)の試合はいきなりのフルセット。まてりあ選手が本郷チームに最初の勝ち星をもたらしましたが、デュースがあればと思わせる試合展開はシーソーゲームを予感させます。そしてやはり、序盤は勝ち抜けた人が次の試合で負けるという一進一退の攻防。好調astea選手(駒場)の3人抜きを阻止したakky選手(本郷)がそのまま3連勝しリードを奪ったかと思いきや、nog選手(駒場)が連勝で星を取り返し再度肉薄します。

 流れが変わったのはわふっ選手(本郷)の時でした。3連続3タテを決め、大きくリードを広げます。交代したいいもの選手も完封で相手を下し、ここで奪った連続12ポイントが結果としては試合の大勢を決める形になってしまいました。

 takine選手(本郷)も順調にポイントを積み重ね、駒場チームは30対47といよいよ後がなくなりますが、ここからくわーてぃ選手が驚異の粘りを見せます。土壇場の集中力か、はたまた本郷チーム側に邪念がよぎったのか、ポイントゲッターを次々と撃破。しかし3本を先取しても落とした星の数は蓄積されるためじわじわと追い詰められ、3人目のわふっ選手に1本取られたところでゲームセット。本郷チームが50対36で勝利しました。

文責:ぷよぷよサークル HOPE

感想

 割と突発的に決まったイベントでしたが、参加者の皆様のご協力もあって無事に対抗戦を開催することができました。ありがとうございました。

 今回初めて会う方も何人か居て交流が深まったことや、普段ない規模で話し合いができて今後の展望が明るくなったことなど、対抗戦を開いたことで良かったと思える点は多くありました。これを機にオンライン・オフラインともに盛り上がっていけばいいですね。

 一方、開始してしばらくは進行がグダグダになってしまったこと、事前の告知が十分でなかったことなど反省点も幾つか。次回以降はもっと円滑に進行できるように準備しておきます。

 今後は学外のサークルとも交流戦を行っていきたいと思っていますので、HOPEの皆様は是非ご参加ください。

文責:akky
inserted by FC2 system